準備いろいろ

今日も午前中から作業は始まっていましたが、写真は午後のひとこまです。(記入:大石)

木を加工中の、陶芸家の市岡さんと寺井さんです。

会場の平形(ヒラカタ)の敷地内の石をいただきました。土の中から出てきた石ということです。

20数個を集めて、山のお水で洗いました。

ひとつひとつ、ずっしり重いです。

源泉かけ流しで、ゴシゴシ洗われるという贅沢により、さっぱりした石。

愛おしくなってきました。

さて、当日は何になるのでしょうか。

お楽しみに。

夕方に、虹が出ました。

見えますでしょうか?

寺井さん(青い服)の上の、槐(えんじゅ)の木の辺りから、上に昇っています。

良い予感がしてきます。

 

5月21日、22日はもう目の前です。

当日も、晴れますように。

諸々の準備に追われつつ、

イメージを膨らませ、固めていく時間も必要となります。

時間の経過と共に、また練られ、熟成され、変化し、当日に向かって作り上げられていきます。

 

 

今回も、日が暮れるまでつづきました。