作家紹介:寺井 陽子

仙台市の泉ヶ岳で制作している寺井 陽子さん。

寺井さんは数年前に結婚を機に長く住み慣れた兵庫から仙台に移り住みました。

国内外で活躍している寺井さんですが、仙台では初めての展示です。

私自身も今回の展示で楽しみにしていた作家の一人です。

若くから注目されている寺井さんですが、その制作はマイペースで自分なり方法やペースをとても大事にしているように思われます。

寺井さんの仕事はいつも紙と滑りのよいペンから始まるそうです。

「無数に描いた形の中から立っている姿を見てみたい触れてみたいと思ったものを選びます
そしてワクワクしながら土に向かいます」と寺井さんは言います。

シンプルな形態の中に見え隠れする複雑なラインはそんなところにヒントがありそうです。

平形の森では、何やら不思議な作品を展示してくれるようです。

散歩をしながら、そんな作品を発見してください。

 

<作家からのひとことメーセージ>

 

初めて平形の森に足を踏み入れた時の感覚をそのままを表現したい。